≡ MENU

札幌・小樽の介護支援やグループホーム。明るく・元気よく・安心して過ごせる高齢社会の実現を目指します。お客様がご自宅で自立した生活を送ることができるよう、心身の状況や生活環境、お客様やご家族の意向を受けて、ケアプランを作成します。また、介護保険に関するご相談や各種手続きの代行を行います。

≪物盗られ妄想≫

2018-06-18

今まで勉強したことや、見聞きしたことを綴ります(再掲もあり)。

間違いや未熟さ等につきましては、ご容赦くださいませ。

 

認知症ではよく聞かれる、物盗られ妄想があります。

「盗まれた」と言われた方は、わかっていても傷つきます。

認知症を学び、長年介護の仕事をしている職員でさえ、

繰り返し、お金を盗まれたと言われ続けると、疲弊してしまいます。

ご家族なら尚更です。

物盗られ妄想は、嫌いな人や、信頼していない人に対して起こるものではありません。

むしろ、信頼している相手にこそ、その妄想を抱いてしまいます。

気を許しているからこそ、なのです。

ですから、サービスを開始したばかりでは、介護職員への物盗られ妄想はでません。

「あの人に盗まれた」という言葉が出ると、

私たちは、「○○さんは、ようやく私たちに気を許し始めたのね」と話します。

ですから、ご家族の皆さん、

そして、物盗られ妄想の標的になりやすい、お嫁さん、実は信頼されているのです。

私はこのことを知って、辛いですが、少しだけ救われました。

良く聞かれる対策としては、

無くした、盗まれたと言っている物を一緒に探すことです。

自分はやっていないと訴えても、悔しいながら、逆効果です。

また、傷つき、すっかり疲弊してしまったのなら、少し距離を置くことも大事です。

また、こういう病気なのだということを、周りにも理解してもらうことが大事です。

認知症カフェや、家族会などにも、どんどん参加してください。

愚痴ったり、同じ境遇の人の話を聞いたりすることで、心が軽くなることもあると思います。

 

一番良くないのは、1人で全部抱え込むことです。

自分だけで背負わないでくださいね。

 


tag


ふきのとうグループ / 株式会社尚進 – 札幌・小樽の介護支援やグループホーム
〒004-0843
札幌市清田区清田3条1丁目1番16号
TEL:011-881-8814
FAX:011-884-0889
〒004-0843
札幌市清田区清田3条1丁目1番18号
TEL:011-883-0937
FAX:011-826-6282
〒004-0843
札幌市清田区清田3条1丁目1番18号
TEL:011-883-0937
FAX:011-826-6282
〒004-0843
札幌市清田区清田3条1丁目1番16号
TEL:011-881-8814
FAX:011-884-0889

〒047-0156
小樽市桜1丁目27番53号
TEL:0134-54-7360
FAX:0134-54-7387
〒047-0156
小樽市桜1丁目27番53号
TEL:0134-54-7360
FAX:0134-54-7387
〒047-0156
小樽市桜1丁目27番53号
TEL:0134-54-7360
FAX:0134-54-7387
〒047-0156
小樽市桜1丁目27番53号
TEL:0134-54-7360
FAX:0134-54-7387
Copyright© 2008–2018
株式会社尚進 / ふきのとうグループ All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi